家族みんなが早朝から仕事に出たあと、私はゆっくりベッドから起き上がり、朝ごはんが置いてあるリビングに、目をこすりながら階段を降りて向かいました。テレビのリモコンを片手に、ソファーに座りながら優雅に朝食を食べていると、私が5歳の頃から飼っている、猫のみーちゃんが私の足に顔をすりすりしてきました。

その姿がなんとも可愛く、膝の上にみーちゃんを置きながら、またおにぎりを頬張り、麦茶を一口飲みました。特にやることもなく、ただただパジャマを着たままコタツに足を入れ、ためておいた録画を見始めました。

そんなこんなで、時計を見たらもう12時で、あっという間にお昼の時間になりました。久しぶりに何か作ろうかなと思い、キッチンへ行き冷蔵庫をあけると、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、牛肉などが入っていました。この具材達を見たら、カレーを作るしかないですよね。(笑)

大阪でおいしいカレー

引き出しからまな板と包丁を取り出し、具材を切って、鍋に入れ、その後水を入れて煮込み、カレールーを入れて、更に煮込みました。その最中、ご飯を炊き忘れていたことに気づき、急いでお米を研いで、炊飯器のスイッチを押しました。

4人前を作ったにも関わらず、お腹がすいていて、すぐにペロッと食べてしまいました。その後は引き続き、録画を見続け、気がついたら夕方の6時になっていました。みーちゃんはずっと、コタツに入ったり、コタツから出て水を飲んだりの繰り返しで、終始幸せそうな顔をして過ごしていました。

保存

保存

保存

保存

私が高校生の頃。私が通った高校は仕事をもった生徒もいる単位制の高校でした。そのときの現代社会の先生が選挙の投票について話しました。

「投票に行かない人には単位をやらない。とは言っても、今年選挙があるかわからないし、投票所で見張っているわけにもいかないのでわかりませんが。」

この言葉を聞いて当時の私は、投票は大切なことなのだと印象付けられました。

ですから選挙のときにはまじめに投票に行っています。私の場合は、立候補者の演説を聞くことはしません。選挙公報を見てその度に思案しつつ投票する立候補者や政党を決めているような感じです。でもこの数年とても困っています。

正直に言って、積極的に投票したいと思う政党や立候補者がいないのです。人間ですから、良いところもあれば悪いところもあるのは当然です。でも、どこか私が求めるところとは違うところを政治家は考えているように思えます。

もっと国民の目で見た立場で政治を真面目にしようと思う立候補者や政党はないのでしょうか。政治家の地位を守ることや自分の利益ばかりを考えている政治家が多いように思えるのは私だけでしょうか。

現代社会の先生がおっしゃっていたことでもう一つ印象に残っていることがあります。例えば同じクラスのなかで、怖い人がいるから念のために小さいナイフを持った生徒がいたとします。そのナイフを見たほかの生徒が、怖くなって同じようにナイフを持ち歩くようになりました。

そのナイフを見た前述の生徒がもう少し大きめのナイフを持ち歩くようになる。そして別の生徒がまた怖くなってもっと大きなナイフを持つようになる。これが繰り返されたらどうなるか。

良いことにはならないでしょう。いまの世界情勢はこの話のような状態になっているような気がします。またはなってきている。この先世界はどうなっていくのか。私はときどき怖く思うことがあります。

選挙資金

保存

電車青春18のキップを使って東京に出かけました。主な目的は花見だったのですが、最初に国立科学博物館で始祖鳥の化石を見ました。そして、上野の花を見てから、靖国神社に向かいました。

靖国神社はだいぶ昔にバス旅行で1度短時間行ったことはあったのですが、あまりよく覚えていませんでした。それで市ヶ谷駅で降りて靖国神社に向かいました。地図を見て靖国神社の位置はほぼつかめたのですが、念のため駅員さんと駅のすぐ前の交番で一を確認しました。

しかし、外堀のところの桜の土手があったのでそちらに歩みを進めてしまいました。少し歩いて方向が少し違っているなと感じたので、外の駐車場におられた方に靖国神社の場所を訪ねるとYじの道を左に向かえば良いと教えて下さいました。

そちらに向かうと靖国神社の裏門に出ることが出来ました。それから表門に向かって歩き靖国神社にお参りをすることが出来ました。桜も満開で人の波でした。やはり、とても大きな厳かな靖国神社だと思いました。

途中で、中華のランチを食べて千鳥ヶ淵に行きました。道は人で一杯で車道を歩く人も見られました。千鳥ヶ淵の桜は満開の場所と5分咲きほどの所とありました。テレビでよく見られるボートがたくさんありました。

そこの部分の桜は満開に咲き誇り、とてもきれいでした。平日だったのですが、ボートは2時間待ちだそうです。桜の太い幹にさく花はやはり見応えがありました。流れにまかせて歩いていくと土手につきました。そこからは、千鳥ヶ淵のさくらと、反対の道の両側に植えられた桜両方を見ることが出来ました。

保存

この前に行った旅行で大失敗?というかちょとした忘れ物をしてしまいました。東京から特急踊り子号にのって修善寺まで行く予定でした。特急指定券を前もって購入していたのですがそれを家に忘れてしまったのです。

地元の駅で気が付いたのだけど時すでに遅し!です。家にチケットを取りに帰ったら特急踊り子の時間に間に合いません。仕方がないので東京駅まで行って踊り子号に乗ることにして、駅の自動販売機で特急券を買いなおしました。

楽しい旅行のスタートで大きくつまづきました。子どもには「なんで忘れるの?信じられない!」って散々言われ続けて、さらに落ち込みました。年を取るって本当に怖いなあって思いましたね。一番重要なものを忘れてしまうなんて自分が情けなく思いました。

何とか気を取り直して修善寺旅行を楽しもうと思いました。修善寺はさながら小京都のような落ち着いた観光地でした。お水が美味しいところなのでお蕎麦も美味しくって最高です。宿泊したホテルも温泉のお風呂がとっても綺麗で大満足です。

ネットで予約したホテルで書かれていた口コミは結構厳しいものが多かったので心配でした。でも旅行の間際に予約したので取りあえずこのホテルでいいか!という感じで決めました。今回は当たりでしたね。

夕食も美味しくって部屋に戻ったら和室にお布団が敷かれています。上げ膳据え膳は主婦にとっては最高にうれしいです。毎日仕事に家事に子どものこと、頑張っているへのご褒美です。たまにはこんな贅沢と非日常を味わえる旅行っていいなと思いました。

修善寺 日帰り温泉

保存

保存

東京は桜満開という情報がニュースなどから流れてきていたけれど、私の近隣はまだだなぁと思っていたけれど、急に町がうっすらピンク色に色付いてきました。朝のウォーキングに心が弾みます。

朝早くピカピカの一年生が家の前を、登校班で大きい子たちと一緒に登校していく。身体より大きなランドセルを背負って、皆に付いて行くのが精一杯の子がかわいらしく、つい微笑んでしまう。そんな子たちもすぐに慣れ、ワイワイキャーキャー言いながら、いたずらしながら登校するようになっていくのでしょうね。

近くの公園に入っていくと、数日前まで硬かった桜のつぼみが、ちらりほらりほころんでいる。陽気に誘われて小さな子を連れた若いママが多く出てきている。桜の木の下では、いつも広場でソフトボールの練習をしている年配の方々が、仲間でお花見宴会。

冬の間は葉が枯れて、茶色かった土手は、ヨモギやつくし、タンポポに菜の花などで緑や黄色、白や紫と花々が色を変え始めました。鳥たちも今まで以上に元気に飛び回り、鶯は発声練習?「ホーホケキョ」じゃなくで「ケキョ」だけ・・。

途中の農家の庭先には、春キャベツやブロッコリーが100円で並べられて、お散歩途中の人が買っていく。私もポケットに小銭を持ち歩き、途中で野菜をゲット。袋を持っていない時は、キャベツや大根を抱えてコースを歩きます。

我が家の小さな庭にも、水仙とチューリップが色を添えてくれています。週末に主人が芝生を貼り、しばらくは水やりをしっかりやるように託されていましたが、その芝生も茶色い中から緑色の新しい葉が出始めて来た。今年の夏は、きっとこの芝生が青々と成長し、暑さを和らげてくれることを大きく機期待しています。

花見スポット千葉

保存

今年の桜は開花が遅れてたから、ちょうど入学式のころが見頃かなぁ~。なんて思っていたら、雨降りの入学式。ピカピカのランドセルも、濡れてかわいそう…。うちの子も、やっと一年生になりました。40過ぎの子育ては、老後と進学がいっぺんにくるから先々なにかと心配になるけど、とりあえず小学校に入学。

うちは長子だけど、まわりのパパママの若いこと。若づくりする気もないけれど、この先参観日や学校行事の度に子どもからなんか言われそうな気がします。心配していた、私のワンピースもなんとかチャックが閉まってくれてよかった~。新しく買うお金もないし、ダイエットも間に合わないしね。焦ってみても、どうしようもない。

チャックは閉まったけど、ジャケットのボタンが飛びそうなんで、羽織るだけ。これを気に、本気でダイエットしようかなぁ。なんて思ったりしています。来週からは、ランドセル背負って1キロちょっとの通学路を歩いて行きます。ちゃんと、自分の足で歩いていけるかな。高学年の子たちの、足手まといにならないかな。そんなことばかり、気になっています。

最近、小学生の女の子が登校中に行方不明になり殺害された事件もありました。心痛む事件ですが、自分の娘が小学生になり子どもたちだけで登下校することを考えると、ほんと他人事ではなくなりました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170414/k10010948141000.html

しばらくは、通学路の途中まで迎えに行くことになるけれど、わが子だけでなく全ての子どもたちが安全に登下校できるよう地域でも見守っていきたいです。あとは、親が宿題をみることになるのが、ちょっと悩みかなぁ~。ちゃんと、自分にできるかなぁ。私も、一年生からやりなおすか。(笑)

保存

保存

次男1歳3か月でやっと1歩何も捕まらずに歩きました。夜私の足に捕まった後ほんの少し離れた冷蔵庫に向かう為に1歩出ました。非常に嬉しく録画を撮ろうとしましたがその後サッパリ歩行せず。歩きたくなる様なシュチュエーションを作るもハイハイばかりです。

日が経つに連れ高速ハイハイも出来る様になりました。いつ歩行しても良い様に自宅の中も綺麗にして直ぐ録画が行える様に準備してましたが待てど暮らせど歩きません。いつしか1か月経ち自宅も程よく汚れて来た頃次男が4歩歩きました。

「来ました。やっと来ました。」何も気にせず汚れた家の中を次男は続けて歩きます。私は喜んで録画を撮影し夫に画像を送信しました。フェイスブックにも掲載しました。

喜ぶ私の大声と汚い家の中とドヤ顔の次男が満面に映るフェイスブックを上げた時は嬉しさと興奮で大盛り上がっていたのですが、後日フェイスブックを改めて確認すると良いねの数だけこの汚い家の中を友達や先輩が観てるのかと思うとトホホとなりました。

そんな事もありましたが次男はその後も気分で歩行してます。間もなく公園デビューでもしようかと検討中です。次のお休みの日靴を買いたいなと思ってます。新しい事が出来る様になるとお財布の紐も緩くなります。でも本当に嬉しいものです。公園デビューしたらブランコにも滑り台にも一緒に乗りたいと思います。遊びやすい安全な公園探しもしなければなりません。今後も成長が楽しみです。

保存

保存

先日、仕事が急遽休みになり時間を持て余していたので、ショッピングに出かけようと思い家を出ました。ところが、外はあいにくの雨模様。傘をさして買い物をするのは気が進まなかったため、予定を変更し近くにある考古博物館へ行ってきました。

この博物館は、規模は小さいのですが無料で観覧できる素晴らしい施設です。以前から「行きたいなぁ」と思いながらも、近くにありすぎていつでもいけるとなかなか行かなかったので、今回はじめての見学です。

世界遺産旅行

館内は、縄文・弥生時代の土器や石棺、装飾品などが当時の生活を再現したミニチュアとともに飾られていて、昔の人々がどのような暮らしをしていたのか一目でわかるようになっていました。今のようにライフラインが充実していない時代に人々が知恵を絞り生きてきたのだと思うと、今の世の中に産まれてきた自分が恵まれてることを改めて感じてしまいました。

館内では遺跡展示のほかに、発掘した遺跡のクリーニング・復元作業の見学もできました。作業している人達の邪魔になってはいけないので窓越しでの見学でしたが、発掘した欠片をパズルのように1つ1つ繋ぎ合わせる作業は集中力と根気がいる大変な作業だと思います。

しかし見ているとなんだかワクワクしてきました。博物館から出る頃には雨も止んでいました。ショッピングはできませんでしたが、自分の知識が増えたような充実した時間を過ごすことができました。今度は企画展があるときに訪れたいと思います。

保存