青春18キップで桜狩り!靖国神社のサクラが満開です

電車青春18のキップを使って東京に出かけました。主な目的は花見だったのですが、最初に国立科学博物館で始祖鳥の化石を見ました。そして、上野の花を見てから、靖国神社に向かいました。

靖国神社はだいぶ昔にバス旅行で1度短時間行ったことはあったのですが、あまりよく覚えていませんでした。それで市ヶ谷駅で降りて靖国神社に向かいました。地図を見て靖国神社の位置はほぼつかめたのですが、念のため駅員さんと駅のすぐ前の交番で一を確認しました。

しかし、外堀のところの桜の土手があったのでそちらに歩みを進めてしまいました。少し歩いて方向が少し違っているなと感じたので、外の駐車場におられた方に靖国神社の場所を訪ねるとYじの道を左に向かえば良いと教えて下さいました。

そちらに向かうと靖国神社の裏門に出ることが出来ました。それから表門に向かって歩き靖国神社にお参りをすることが出来ました。桜も満開で人の波でした。やはり、とても大きな厳かな靖国神社だと思いました。

途中で、中華のランチを食べて千鳥ヶ淵に行きました。道は人で一杯で車道を歩く人も見られました。千鳥ヶ淵の桜は満開の場所と5分咲きほどの所とありました。テレビでよく見られるボートがたくさんありました。

そこの部分の桜は満開に咲き誇り、とてもきれいでした。平日だったのですが、ボートは2時間待ちだそうです。桜の太い幹にさく花はやはり見応えがありました。流れにまかせて歩いていくと土手につきました。そこからは、千鳥ヶ淵のさくらと、反対の道の両側に植えられた桜両方を見ることが出来ました。

保存